南無

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
南無(なむ)
南無(なむ)
品詞 間投詞
初出 knzkoniisan.m.to, 2017年8月26日


南無とは、仏教語の一つ。また、knzkoniisan.m.toにおけるスラング。正しくは「南無!w」。

概要[編集 | ソースを編集]

knzkoniisan.m.toにおいて、とあるユーザーにより「南無!w」とトゥートされたのが始まり。

同インスタンスでは、「乙(お疲れ様です)」などの意味合いで用いられたほか、のようにひたすらこの文言だけがトゥートされたり、パオのように動詞化され「南無る」などの用法で挨拶などに用いられたり、新規だ囲えのように新規ユーザーを「南無!w」「しん南無!w」で囲うなどの文化が生まれた[1]

また、有効化するとお気に入りのマークが鐘のマークに変更されお気に入りをすると鐘の音が鳴るというGoogle Chrome用の拡張機能も公開されるなど、旧神崎丼を代表するスラングとして広まっていた。

しかしknzkoniisan.m.toの廃止やKnzk.meにおける新規ユーザーの増加に伴い、使用ユーザーは減少。昨今ではこの単語を目にすることも少なくなっている。

出典[編集 | ソースを編集]