Librem Social

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
Librem Social(ライブレム ソーシャル)
Librem Social
開発者 Purism SPC
ソースコード GitLub(Android版)、iOS版は不明
プラットホーム iOS、Android
プログラミング言語 Objective-C、Java、Kotlin
サービス開始日 2019年3月14日
ライセンス GNU General Public License(Android版)、iOS版は不明
ダウンロード PlayStore
AppStore


Librem Socialとは、Purismによって提供された、Mastodonをはじめとする分散SNSに対応したクライアント。

概要[編集 | ソースを編集]

アメリカのコンピュータハードウェア等の開発を手がけ、一時期Mastodonのプラチナスポンサーとなった事もあるPurism SPCによって、AppStoreとPlayStoreで2019年3月14日より提供が開始された。

同社によって提供されているサービス「Librem One」のMastodonサーバー「social.librem.one」のために提供されており、iOS版はAmaroq、Android版はTuskyのソースコードを流用しているが、同サーバーの特徴に則り公開タイムラインの廃止などの変更が加えられている。

リリース当初フォークであることなどがソフトウェア上で明記されていなかったり、iOS版に至ってはソースコードの公開がされておらず、一部ユーザーから批判が上がっていた[1]。2019年5月28日時点でアプリ内で元となったアプリは明示されており、ソースコードも公開されている。

似ている事例[編集 | ソースを編集]

RomaのAndroid、iOS、デスクトップアプリは、それぞれTuskyMastwhalebirdのフォークである。

Hivewayの本体はマストドンのフォーク、AndroidアプリはTuskyのフォークであった。

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • ただし、AmaroqについてはMozilla Public Licenseであるため、ソースコード公開の義務は発生しない