Librem Social

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
Librem Social(ライブレム ソーシャル)
Librem Social
開発者 Purism SPC
ソースコード GitLub(Android版)、iOS版は不明
プラットホーム iOS、Android
プログラミング言語 Objective-C、Java、Kotlin
サービス開始日 2019年3月14日
ライセンス GNU General Public License(Android版)、iOS版は不明
ダウンロード PlayStore
AppStore


Librem Socialとは、Purismによって提供された、Mastodonをはじめとする分散SNSに対応したクライアント。

概要[編集 | ソースを編集]

アメリカのコンピュータハードウェア等の開発を手がけ、一時期Mastodonのプラチナスポンサーとなった事もあるPurism SPCによって、AppStoreとPlayStoreで2019年3月14日より提供が開始された。

iOS版はAmaroq、Android版はTuskyのソースコードを流用しているが、そのことがソフトウェア上で明記されていなかったり、iOS版に至ってはソースコードの公開がされていないことなどに、一部ユーザーから批判が上がっている。ただし、AmaroqについてはMozilla Public Licenseであるため、ソースコード公開の義務は発生しない。

似ている事例[編集 | ソースを編集]

RomaのAndroid、iOS、デスクトップアプリは、それぞれTuskyMastwhalebirdのフォークである。

Hivewayの本体はマストドンのフォーク、AndroidアプリはTuskyのフォークであった。

関連項目[編集 | ソースを編集]