Pleroma

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
Pleroma(プレロマ)
Pleroma.png
開発者 lain
ソースコード GitLab
プラットホーム GNU/Linux
プログラミング言語 Elixir
ライセンス GNU Affero General Public License
Webサイト https://pleroma.social/


Pleroma分散SNSの実装の一つ。

概要[編集]

OStatusプロトコルとActivityPubプロトコルにより、マストドンを含む他の分散SNSのインスタンス連合を形成することができる。また、マストドンのAPIと互換性があるため、マストドン用のクライアント (スマートフォンアプリなど) を使用できる場合がある。

GNU/Linuxで動作する。インストールガイドはCentOS向け[1]とDebian向け[2]に書かれている。使用しているプログラミング言語はElixirである。マストドンと比較すると、低コストな計算機資源で動作することを標榜しており、512 MBのRAMでの運用[3]が報告されている。ライセンスはAGPLである。

開発当初の連合プロトコルはOStatusのみであったが、2018年3月8日[4]ActivityPubに対応した[5]

名前の由来[編集]

pleromaはギリシャ語で「全能性」を意味する。

バックエンドとフロントエンドの組み合わせ[編集]

Pleromaはバックエンド (サーバーサイド) とフロントエンド (ウェブUI) が分離されており、それぞれ他の分散SNSと組み合わせることが可能である。GNU socialのバックエンドとPleromaのフロントエンドの組み合わせがGNU/Smug[6]とFreezePeach[7]で試みられている。また、Pleromaのバックエンドとマストドンのフロントエンドの組み合わせも利用できる[8]。この場合には、https://example.com/web のようなURLでマストドンのフロントエンドを使用できる。

Pleromaのインスタンス[編集]

これら以外にも多くのインスタンスが存在する。

Pleromaのインスタンス一覧[編集]

分散SNSフォーラムPleromaインスタンス一覧 は自動的に更新される。インスタンスの探索はPeers APIを使用している。

Pleromaに対応しているソフトウェア[編集]

スマートフォン用クライアント[編集]

マストドンのスマートフォン用クライアントのうち、Pleromaで使用できるものは、以下のものがある。これらはいずれも公式ドキュメント[9]に記載されている。

ソフトウェアまたはウェブアプリケーション[編集]

このほか、Pleromaに対応しているソフトウェアまたはウェブアプリケーションには、以下のものがある。

クライアント[編集]

関連ソフトウェア[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]