Write.as

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
Write.as
Write.as
開発者 Matt Baer
ソースコード GitHub
プラットホーム Linux互換OS (サーバーサイド)
ウェブ (クライアントサイド)
プログラミング言語 Go, JavaScript
サービス開始日 2015年1月30日[1]
寄付 Product Hunt
ライセンス MITライセンス
Webサイト https://write.as/


Write.as(ライト アズ)とは、オープンソースの分散SNSプラットフォーム。Mediumのようなブログサービスを提供する。

概要[編集 | ソースを編集]

2015年1月30日にMatt氏によって開発が開始された。当初はtelnetによってコマンドラインからブログを投稿できるサービスだったが、後にMediumのようなwebインターフェイスを兼ね備えるようになった。

Mastodon上でのWrite.asの表示

2018年8月14日、ActivityPubに対応したページが一般公開された。[2] 現時点ではデフォルトではActivityPub上では共有されないようになっているが、専用の登録ページから連合に対応したアカウントを作成することでMastodonPleroma, Misskeyなどの他のActivityPub対応サービス上でも投稿の更新通知が受け取れる様になっている。

有料プラン[編集 | ソースを編集]

Write.asは多くの他の分散SNSと異なり、サービス公開後にActivityPubに対応した商用目的のサービスのため、いくつかの機能が有料版のみに制限されている。[3] 2018年8月時点では以下のプランがある[4]

Write Freelyプラン[編集 | ソースを編集]

無料で利用できるプラン。開設できるブログの数は1つ、Markdownでの投稿、投稿数無制限、匿名投稿、ハッシュタグによるカテゴライズ、5万文字数の投稿、Twitter, Tumblr, Mediumへの同時投稿が3ヶ月間サポートされている。

Write Casuallyプラン[編集 | ソースを編集]

月間1ドルから利用できるプラン。3つのブログが開設でき、10万文字の文字数、サブドメインの利用、トップページでの紹介、ブログ移転機能、データのエクスポート、カスタマーサービスの利用ができるようになる。

Write as Proプラン[編集 | ソースを編集]

月間4ドルから利用できるプラン。10つのブログが開設でき、50万文字の文字数、Snap.asでの画像投稿、詳細なアクセス解析、静的ページ(サーバーサイドレンダリング)、厳重なパスワードによる保護、カスタムドメインの利用、ブログフォーマットの選択、カスタムCSS、Emailによる投稿、アーリーアクセスなどが利用できるようになる。

ソースコード[編集 | ソースを編集]

Write.asは元々プロプライエタリソフトウェアであったが、後に部分的にソースコードを公開した。現在公開されているWrite.asのバックエンドサーバーのソースコードはGitHubで確認できるが、フロントエンドなどの一部のソースコードは依然として公開されていない。

関連項目[編集 | ソースを編集]

出典[編集 | ソースを編集]