「インスタンス」の版間の差分

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
(サーバーとの関係)
 
(8人の利用者による、間の20版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
{{Infobox word
 +
| Name          = {{ruby|インスタンス|instance}}
 +
| Hinshi        = 名詞
 +
}}'''インスタンス''' (英: '''Instance''') は、[[分散SNS]]において、[[連合]]を形成する単位となる、ネットワークに接続されたコンピューター。
 +
 +
==概要==
 +
'''インスタンス'''は、[[分散SNS]]において、[[連合]]を形成する単位となる、ネットワークに接続されたコンピューター。'''サーバー'''または'''鯖'''は、インスタンスの同義語または類義語として使われることがある (後述)。分散SNSのいずれかの実装 ([[GNU social]]、[[Mastodon]]など)、またはそれを改造したソフトウェア ([[:カテゴリ:インスタンスの独自機能]]を参照) をコンピューターにインストールすることで、インスタンスを設置することができる。
  
<ruby>インスタンス<rt>いんすたんす</rt></ruby>とは、[[mastodon]]におけるいわゆるサーバーの呼び名である。
+
インスタンスには運営者がおり、それぞれの運営者が異なるポリシーを持っている。インスタンスの運営者は個人、団体、企業 ([[:カテゴリ:企業が運用しているインスタンス]]を参照) などがある。インスタンス内部のトラブル (犯罪、ハラスメント、迷惑行為など) であれば、運営者がそれぞれのポリシーにしたがって対処することができる。[[連合]]または[[Fediverse]]は、複数のインスタンスが互いに通信することにより構成されている共同体であるため、全体の管理者は存在しない。
  
{{Infobox word
+
ユーザーは、いずれかのインスタンスに登録することにより、分散SNSでのコミュニケーションに参加する。ユーザーがインスタンスを選択する基準には、運営者のポリシー、技術的な優位性 (独自機能がある、ソフトウェアのバージョンが新しい、動作が速いなど)、既存のユーザーの雰囲気などが挙げられる。[[Mastodon|マストドン]]や、それに類似する分散SNS実装では、ユーザーはいずれか1個のインスタンスに登録する。他の分散SNS実装、たとえば[[Hubzilla]]では、ユーザーの人格に相当するものは「チャンネル」と呼ばれており、これは特定のインスタンスに帰属せずに作成することができる<ref>[https://plus.haruk.in/articles/harukin/f048260c264980d9 分散ネットワークにおけるhubzillaとzotプロトコルの機能性、立場]</ref>。分散SNSには多数のインスタンスが存在するため、[[インスタンスの一覧を提供するウェブサイト]]が作られている。
| Name          = <ruby>インスタンス<rt>いんすたんす</rt></ruby>
 
| Hinshi        = 名詞
 
| Hatsu        = [[Mastodon]]
 
}}
 
  
== 概要 ==
+
インスタンスはホスト名により区別される。たとえば、[[メンション]]や[[リプライ]]において@Gargron@mastodon.socialという表記は、mastodon.socialというホスト名を持つインスタンスの、Gargronというユーザーを意味する。
<ruby>インスタンス<rt>インスタンス</rt></ruby>とは、Mastodonにおけるサーバーの事である。すべてのユーザーは何らかのインスタンスに所属する。
 
インスタンスはMastodonにおける重要な要素のひとつであり、所属するインスタンスによって[[ローカルタイムライン]]や[[連合タイムライン]]に流れる内容が変わってくる。
 
基本的には個人が建てたサーバーであり、常識ではあるが運営している個人に感謝しつつインスタンス毎のルールを守って使いましょう。
 
  
== 主なインスタンス ==
+
==サーバーとの関係==
[[:カテゴリ:インスタンス|こちら]]を参照。
+
[[サーバー]]は、ネットワークに接続されたコンピューターで、他のコンピューターとの通信により、何らかの機能を提供するものである。サーバーという用語とインスタンスという用語は、意味がよく似ており、しばしば明確な区別なしに用いられている。技術的には、1個のインスタンスが複数のサーバーから構成されている (ウェブサーバー、データベース、オブジェクトストレージを分離するなど) 場合に、インスタンスとサーバーを用語の上で区別することがある。
  
== 出典 ==
+
[[Mastodon|マストドン]]では、「インスタンス」という用語を廃止し、「サーバー」に置き換える変更が進められている<ref>https://github.com/tootsuite/mastodon/pull/9938</ref>。
  
<references/>
+
[[鯖]]および[[鯖缶]]という用語にも、同様の曖昧さがある。
  
 +
==脚注==
 +
<references />
  
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==
[[category:言葉]]
+
* [[サーバー]]
 +
* [[鯖]]
 +
* [[分散SNS]]
 +
* [[連合]]
 +
* [[Fediverse]]
 +
 
 +
{{DEFAULTSORT:いんすたんす}}
 +
[[category:インスタンス|*]]

2019年2月6日 (水) 11:05時点における最新版

インスタンス(instance)
インスタンス(instance)
品詞 名詞


インスタンス (英: Instance) は、分散SNSにおいて、連合を形成する単位となる、ネットワークに接続されたコンピューター。

概要[編集 | ソースを編集]

インスタンスは、分散SNSにおいて、連合を形成する単位となる、ネットワークに接続されたコンピューター。サーバーまたはは、インスタンスの同義語または類義語として使われることがある (後述)。分散SNSのいずれかの実装 (GNU socialMastodonなど)、またはそれを改造したソフトウェア (カテゴリ:インスタンスの独自機能を参照) をコンピューターにインストールすることで、インスタンスを設置することができる。

インスタンスには運営者がおり、それぞれの運営者が異なるポリシーを持っている。インスタンスの運営者は個人、団体、企業 (カテゴリ:企業が運用しているインスタンスを参照) などがある。インスタンス内部のトラブル (犯罪、ハラスメント、迷惑行為など) であれば、運営者がそれぞれのポリシーにしたがって対処することができる。連合またはFediverseは、複数のインスタンスが互いに通信することにより構成されている共同体であるため、全体の管理者は存在しない。

ユーザーは、いずれかのインスタンスに登録することにより、分散SNSでのコミュニケーションに参加する。ユーザーがインスタンスを選択する基準には、運営者のポリシー、技術的な優位性 (独自機能がある、ソフトウェアのバージョンが新しい、動作が速いなど)、既存のユーザーの雰囲気などが挙げられる。マストドンや、それに類似する分散SNS実装では、ユーザーはいずれか1個のインスタンスに登録する。他の分散SNS実装、たとえばHubzillaでは、ユーザーの人格に相当するものは「チャンネル」と呼ばれており、これは特定のインスタンスに帰属せずに作成することができる[1]。分散SNSには多数のインスタンスが存在するため、インスタンスの一覧を提供するウェブサイトが作られている。

インスタンスはホスト名により区別される。たとえば、メンションリプライにおいて@Gargron@mastodon.socialという表記は、mastodon.socialというホスト名を持つインスタンスの、Gargronというユーザーを意味する。

サーバーとの関係[編集 | ソースを編集]

サーバーは、ネットワークに接続されたコンピューターで、他のコンピューターとの通信により、何らかの機能を提供するものである。サーバーという用語とインスタンスという用語は、意味がよく似ており、しばしば明確な区別なしに用いられている。技術的には、1個のインスタンスが複数のサーバーから構成されている (ウェブサーバー、データベース、オブジェクトストレージを分離するなど) 場合に、インスタンスとサーバーを用語の上で区別することがある。

マストドンでは、「インスタンス」という用語を廃止し、「サーバー」に置き換える変更が進められている[2]

および鯖缶という用語にも、同様の曖昧さがある。

脚注[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]