「ソーシャルボタン」の版間の差分

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
(概要)
37行目: 37行目:
 
|-
 
|-
 
|Mastodon Share Button
 
|Mastodon Share Button
|[https://aly-ve.github.io/Mastodon-share-button]
+
|[https://aly-ve.github.io/Mastodon-share-button GitHub]
 
|[https://hostux.social/@Alyve Alyve]
 
|[https://hostux.social/@Alyve Alyve]
 +
|2018年4月19日
 
|Mashareと同様、URLを入力する方式。ボタンを押すと開かれるポップアップ(Firefoxの場合は新規タブ)で入力するとインスタンスのシェア画面に遷移する。
 
|Mashareと同様、URLを入力する方式。ボタンを押すと開かれるポップアップ(Firefoxの場合は新規タブ)で入力するとインスタンスのシェア画面に遷移する。
 +
|-
 +
|トゥートシェア
 +
|[https://toot.app/share toot.app/share]
 +
|[[Cutls P]]
 +
|不明
 +
|マストドンのほか、数多くのサービスへのシェアを一箇所から行えるのが特徴。
 
|}
 
|}
  

2019年3月7日 (木) 12:17時点における版

ソーシャルボタン
ソーシャルボタン


ソーシャルボタンとは、主にウェブサイトに設置される、サイトをソーシャル・ネットワーキング・サービスに書き込みシェアするのをサポートするボタンで、シェアボタンとも。

概要

マストドンにおけるソーシャルボタンは公式で用意されているわけではないが、有志によるものが多数用意されている。公開されているものの多くは外見がボタンである必要はなく、ブラウザのアドレスを遷移させることができれば良い。

特にバージョン1.6以降のインスタンスではシェア用のウェブページが用意されているため、マストドンとは別のウェブサイトに設置されたボタンを押すと専用ページに遷移し、シェア用の文言やURLが自動入力される仕組みが用いられる。

Twitterなど他のSNSにおけるシェアボタンとの違いとして、マストドンは複数のインスタンスで構成されるため、ユーザーがインスタンスを選択する画面を挟む必要があり、操作がいくぶん煩雑になることが挙げられる。解消案として、Mastodonのプロトコルハンドラ「web+mastodon://」を利用してインスタンスの選択を省くという手段が挙げられるが、現状ではプロトコルハンドラに対応していないブラウザが多いため、難しいのが現状である。

マストドンのシェアボタンの比較
名称 URL 作者または運営者 リリース日 備考
Mastoshare mastoshare.net Naf 2017年5月19日 アカウントをアプリ連携しての連携トゥートを用いていたため、バージョン1.6以前のインスタンスでも使用できたが、2018年4月30日より仕様変更がされ、1.6以前のインスタンスでの使用は不可となった。診断メーカーなどで使用されている。Chrome拡張機能も公開されている。
サイトに設置するマストドンシェアボタン mastportal.info/share マストポータル 2017年9月17日[1] マストポータルに付随する形で用意されている。そのため、同サイトに登録されているインスタンスのみ利用可能。
Mashare masha.re 合同会社きぼうソフト 2017年10月16日[2] サイトに設置するマストドンシェアボタンと違いインスタンスのURLを入力する方式のため、全てのインスタンスを利用可能。
Mastodon Share Button GitHub Alyve 2018年4月19日 Mashareと同様、URLを入力する方式。ボタンを押すと開かれるポップアップ(Firefoxの場合は新規タブ)で入力するとインスタンスのシェア画面に遷移する。
トゥートシェア toot.app/share Cutls P 不明 マストドンのほか、数多くのサービスへのシェアを一箇所から行えるのが特徴。

脚注