タミル語圏におけるマストドンブーム

提供: マストドン日本語ウィキ
2019年11月11日 (月) 14:01時点におけるHakabahitoyo (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「'''タミル語圏におけるマストドンブーム'''とは、2019年11月9日頃から、タミル語圏においてマストドンのユーザーが急増した…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

タミル語圏におけるマストドンブームとは、2019年11月9日頃から、タミル語圏においてマストドンのユーザーが急増した現象。

経緯[編集 | ソースを編集]

2018年7月5日[1]、Prasanna Venkadeshがタミル語でマストドンを紹介する記事を書いた。この記事が2019年11月8日[2]に紹介され、9日[3]には#TamilMastodonハッシュタグが流行した。また、Prasanna Venkadeshの記事に記載があることから、mastodon.socialTuskyのユーザーが急増した。

表示名:verified:カスタム絵文字を入れている人も多い[4]

なお、Prasanna VenkadeshはPleromaのインスタンス[5]を運営している。

脚注[編集 | ソースを編集]