「メールアドレス不要でユーザー登録」の版間の差分

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
(他の分散SNSとの関係)
(他の分散SNSとの関係)
 
17行目: 17行目:
  
 
==他の分散SNSとの関係==
 
==他の分散SNSとの関係==
[[GNU social]][[Pleroma]]はメールアドレスの到達性を確認していない。[[Misskey]]はユーザー登録の際にメールアドレスを要求しない。
+
[[GNU social]]はメールアドレスの到達性を確認していない。
 +
 
 +
[[Pleroma]]はメールアドレスの到達性を確認するかどうかインスタンスごとに設定できる。デフォルトでは、メールアドレスの到達性を確認しない。
 +
 
 +
[[Misskey]]はユーザー登録の際にメールアドレスを要求しない。
  
 
==外部リンク==
 
==外部リンク==

2019年9月11日 (水) 16:51時点における最新版

メールアドレス不要でユーザー登録とは、メールアドレスが到達可能であることを確認せずにユーザー登録を許可するよう、マストドンのインスタンスを改造することである。

概要[編集 | ソースを編集]

マストドンでユーザー登録を行うには、登録フォームにメールアドレスを入力し、そのメールアドレスに届いたメールの確認リンクを開く必要がある。しかし、本項の改造を行ったインスタンスでは、メールに記載された確認リンクを開くことなく、新しいアカウントを使用することができる。そのため、実際に到達可能なメールアドレスではなく、メールアドレスのように見える任意の文字列 (alice@example.com など) を入力して、アカウントを作成することができる。

実装の方法[編集 | ソースを編集]

2.distsn.orgでは、データベースを操作して、メールアドレスが確認済みであることを示すフラグを立てている[1]theboss.techではDeviseの設定を書き換える方法を取っている[2]

採用しているインスタンス[編集 | ソースを編集]

公式リポジトリの動向[編集 | ソースを編集]

マストドン公式リポジトリでは、メールアドレス不要でユーザー登録ができるようにすることを目指すイシュー[3]が作られたが、クローズされている。マストドン2.3.0[4]ではLDAPによるログイン[5]が導入されたため、別途LDAPサーバーを用意することで、メールアドレス不要でユーザー登録が可能になる可能性がある。

他の分散SNSとの関係[編集 | ソースを編集]

GNU socialはメールアドレスの到達性を確認していない。

Pleromaはメールアドレスの到達性を確認するかどうかインスタンスごとに設定できる。デフォルトでは、メールアドレスの到達性を確認しない。

Misskeyはユーザー登録の際にメールアドレスを要求しない。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]