「長いきつね」の版間の差分

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
(同じ利用者による、間の3版が非表示)
9行目: 9行目:
 
[[2.distsn.org]]では、これに加えて、尾4種類、交差する胴8種類が導入された。また、2.distsn.orgではショートコードを短縮するため、長いきつねの絵文字には'''f_'''で始まるショートコードが割り当てられている。
 
[[2.distsn.org]]では、これに加えて、尾4種類、交差する胴8種類が導入された。また、2.distsn.orgではショートコードを短縮するため、長いきつねの絵文字には'''f_'''で始まるショートコードが割り当てられている。
  
さらに、[[3.distsn.org]]では、頭部4種類、尾4種類、直線の胴4種類、カーブする胴8種類から成る基本パーツ20種類と、それらの基本パーツを2個重ね合わせた複合パーツ380種類を導入した<ref>https://git.pleroma.social/hakabahitoyo/pleroma/tree/feature/longfox</ref>が、現在は利用できなくなっている。これらのカスタム絵文字は[[kirishima.cloud]]でも利用できる。
+
さらに、[[3.distsn.org]]では、頭部4種類、尾4種類、直線の胴4種類、カーブする胴8種類から成る基本パーツ20種類と、それらの基本パーツを2個重ね合わせた複合パーツ380種類を導入した。その後は、アップデート作業の都合などにより、不定期に利用できなくなったり復活したりしている。
  
 
==他の分散SNSとの関係==
 
==他の分散SNSとの関係==
[[Pleroma]]では頭部4種類、尾4種類、直線の胴4種類、カーブする胴8種類、交差する胴8種類が利用できる<ref>https://git.pleroma.social/pleroma/pleroma/merge_requests/53</ref>
+
[[Pleroma]]では2018年1月頃<ref>https://git.pleroma.social/pleroma/pleroma/merge_requests/53</ref>から、頭部4種類、尾4種類、直線の胴4種類、カーブする胴8種類、交差する胴8種類が利用できた。2019年8月には、長いきつね絵文字セットはPleroma本体からは除かれ<ref>https://git.pleroma.social/pleroma/pleroma/merge_requests/1525</ref>、かわりに絵文字パッケージマネージャーを通してインストールできるようになった<ref>https://gitlab.com/hakabahitoyo/longfox-emoji-pack-for-pleroma</ref>。絵文字パッケージマネージャーでは、400種類の絵文字からなるフルセットを利用できる。
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==

2019年8月12日 (月) 01:32時点における版

長いきつね(ながいきつね)
長いきつね(ながいきつね)
品詞 名詞
初出 不明


長いきつねとは、複数の絵文字の組。きつねの頭部を表す絵文字と、胴を表す絵文字を組み合わせてトゥートすることで、長い狐を表現する。

オリジナルの長いきつねの作者はLR [1]。この絵をカスタム絵文字に加工したものがmstdn.jpに導入された。mstdn.jpでの長いきつねの絵文字は、頭部4種類、直線の胴4種類、カーブする胴8種類がある。これらの絵文字のショートコードlongfox_で始まる。

2.distsn.orgでは、これに加えて、尾4種類、交差する胴8種類が導入された。また、2.distsn.orgではショートコードを短縮するため、長いきつねの絵文字にはf_で始まるショートコードが割り当てられている。

さらに、3.distsn.orgでは、頭部4種類、尾4種類、直線の胴4種類、カーブする胴8種類から成る基本パーツ20種類と、それらの基本パーツを2個重ね合わせた複合パーツ380種類を導入した。その後は、アップデート作業の都合などにより、不定期に利用できなくなったり復活したりしている。

他の分散SNSとの関係

Pleromaでは2018年1月頃[1]から、頭部4種類、尾4種類、直線の胴4種類、カーブする胴8種類、交差する胴8種類が利用できた。2019年8月には、長いきつね絵文字セットはPleroma本体からは除かれ[2]、かわりに絵文字パッケージマネージャーを通してインストールできるようになった[3]。絵文字パッケージマネージャーでは、400種類の絵文字からなるフルセットを利用できる。

関連項目

脚注