「HVDSGM」の版間の差分

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
(沿革)
 
3行目: 3行目:
 
<!-- | Image              = [[ファイル:Amaroq.jpg|120px|Amaroq]] -->
 
<!-- | Image              = [[ファイル:Amaroq.jpg|120px|Amaroq]] -->
 
| Developer          = [[墓場人夜]]
 
| Developer          = [[墓場人夜]]
| SourceCode          = https://github.com/hvdsgm
 
 
| Platform            = Linux (サーバー)、ウェブ (クライアント)
 
| Platform            = Linux (サーバー)、ウェブ (クライアント)
 
| ProgrammingLanguage = C++
 
| ProgrammingLanguage = C++
 
| Launch              = 2017年8月
 
| Launch              = 2017年8月
| Kifu                = https://www.pixiv.net/fanbox/creator/6595116
 
 
| License            = [[GNU Affero General Public License]]
 
| License            = [[GNU Affero General Public License]]
| Web                = https://github.com/hvdsgm
 
 
}}'''HVDSGM'''は、[[分散SNS]]。独自のプロトコルを用いるため、他の分散SNSと[[連合]]を形成することができない。
 
}}'''HVDSGM'''は、[[分散SNS]]。独自のプロトコルを用いるため、他の分散SNSと[[連合]]を形成することができない。
  
38行目: 35行目:
  
 
==沿革==
 
==沿革==
2017年7月30日、開発を開始<ref>https://github.com/hvdsgm/zipgun/commits/master</ref>。
+
2017年7月30日、開発を開始。
  
 
2017年8月7日、完成。以後は小規模な改良が行われた。
 
2017年8月7日、完成。以後は小規模な改良が行われた。
  
2017年9月2日、第2回分散SNSフォーラム<ref>https://distsn.connpass.com/event/61187</ref>の講演で解説された<ref>[https://hakaba-hitoyo.github.io/distsn/hvdsgm 分散SNSを超軽量に作った]</ref>。
+
2017年9月2日、第2回分散SNSフォーラム<ref>https://distsn.connpass.com/event/61187</ref>の講演で解説された。
  
2017年12月20日、運用を終了<ref>https://github.com/hvdsgm/hvdsgm-portal/blob/master/README.md</ref>。
+
2017年12月20日、運用を終了。
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==

2020年4月5日 (日) 07:38時点における最新版

HVDSGM(エッチブイディーエスジーエム)
Mastodon
開発者 墓場人夜
プラットホーム Linux (サーバー)、ウェブ (クライアント)
プログラミング言語 C++
サービス開始日 2017年8月
ライセンス GNU Affero General Public License


HVDSGMは、分散SNS。独自のプロトコルを用いるため、他の分散SNSと連合を形成することができない。

名称[編集 | ソースを編集]

名称の由来はHorizontally and virtically distributed social graph and messagingの略であるが、アクロニムであるHVDSGMが正式な名称である。発音はアルファベットそのままの「エッチブイディーエスジーエム」である。

テキストサービス (後述、以下同様) の実装の名称はZipgun、疫病サービスの実装の名称はTakeyariである。いずれも手製かつ即席の武器の名称に由来している。

マルチメディアサービスの実装の名称は素朴ディジタル画像インフラストラクチャーである。これは、HVDSGMとは独立に開発されていた画像アップローダーを流用したものである。

アーキテクチャ[編集 | ソースを編集]

Mastodonなどの主要な分散SNSが複数のインスタンスから構成されるのに対して、HVDSGMは複数のサービスが分散SNSを構成する。HVDSGMのサービスとは、機能別に分化したサーバーである。同じ機能を持つ複数のサービスがあってもよい。それぞれのサービスは別の運営者によって運営されていてもよい。ユーザーは複数のサービスを自由に組み合わせて利用することができる。

サービス[編集 | ソースを編集]

HVDSGMには以下のサービスがある。

ソーシャルグラフサービス[編集 | ソースを編集]

ユーザーのソーシャルグラフ (フォロー/被フォロー関係) とプロフィールを保持するサービス。任意の静的ウェブサイトにJSONファイルを設置することでソーシャルグラフサービスとして機能する。そのため、専用の実装は存在しない。

テキストサービス[編集 | ソースを編集]

文字列を送受信し、タイムラインを構成するサービス。実装の名称はZipgun

マルチメディアサービス[編集 | ソースを編集]

画像などのメディアを保持するサービス。実装の名称は素朴ディジタル画像インフラストラクチャー

疫病サービス[編集 | ソースを編集]

ミステリーポストを保持するサービス。実装の名称はTakeyari

沿革[編集 | ソースを編集]

2017年7月30日、開発を開始。

2017年8月7日、完成。以後は小規模な改良が行われた。

2017年9月2日、第2回分散SNSフォーラム[1]の講演で解説された。

2017年12月20日、運用を終了。

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]