「Liberapay」の版間の差分

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
(ページの作成:「{{stub}} '''Librapay'''は、継続的な寄付のためのプラットフォーム。寄付を行う頻度は、毎週、毎月、毎年から選択できる。非営利…」)
 
(日本での利用)
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
{{stub}}
+
{{Infobox software
 +
| Name                = Liberapay
 +
<!-- | Image              = [[ファイル:Amaroq.jpg|120px|Amaroq]] -->
 +
| Developer          = Association Liberapay
 +
| SourceCode          = https://github.com/liberapay/liberapay.com
 +
| Platform            = ウェブ
 +
| ProgrammingLanguage = Python
 +
| Launch              = 2016年
 +
| Kifu                = https://liberapay.com/Liberapay<br>https://liberapay.com/LiberapayOrg
 +
| License            = [[CC0]] 1.0 Universal
 +
| Web                = https://liberapay.com
 +
}}
 
'''Librapay'''は、継続的な寄付のためのプラットフォーム。寄付を行う頻度は、毎週、毎月、毎年から選択できる。非営利団体によって運営されていること、システムがオープンソースソフトウェアであることが特徴である。寄付を受ける側は、個人、チーム、組織から選択することができる。チームを選択した場合は、複数のメンバーに収入を分配することができる。寄付と、寄付金の受け取りには、Stripe<ref>https://stripe.com</ref>またはPayPal<ref>https://www.paypal.com</ref>が必要である。
 
'''Librapay'''は、継続的な寄付のためのプラットフォーム。寄付を行う頻度は、毎週、毎月、毎年から選択できる。非営利団体によって運営されていること、システムがオープンソースソフトウェアであることが特徴である。寄付を受ける側は、個人、チーム、組織から選択することができる。チームを選択した場合は、複数のメンバーに収入を分配することができる。寄付と、寄付金の受け取りには、Stripe<ref>https://stripe.com</ref>またはPayPal<ref>https://www.paypal.com</ref>が必要である。
  
5行目: 16行目:
 
Librapayのウェブサイトの日本語訳は、実用上は問題のない程度まで進んでいるものの、「このページの日本語訳はまだ完成していません。」というメッセージが常に表示されている状態である。
 
Librapayのウェブサイトの日本語訳は、実用上は問題のない程度まで進んでいるものの、「このページの日本語訳はまだ完成していません。」というメッセージが常に表示されている状態である。
  
ユーザープロフィールページの説明文は、複数の言語のものを登録することができる。
+
ユーザープロフィールページの説明文は、日本語を含む複数の言語のものを登録することができる。
  
 
日本円を含む複数の通貨に対応している。
 
日本円を含む複数の通貨に対応している。

2019年6月11日 (火) 15:16時点における版

Liberapay
Mastodon
開発者 Association Liberapay
ソースコード https://github.com/liberapay/liberapay.com
プラットホーム ウェブ
プログラミング言語 Python
サービス開始日 2016年
寄付 https://liberapay.com/Liberapay
https://liberapay.com/LiberapayOrg
ライセンス CC0 1.0 Universal
Webサイト https://liberapay.com


Librapayは、継続的な寄付のためのプラットフォーム。寄付を行う頻度は、毎週、毎月、毎年から選択できる。非営利団体によって運営されていること、システムがオープンソースソフトウェアであることが特徴である。寄付を受ける側は、個人、チーム、組織から選択することができる。チームを選択した場合は、複数のメンバーに収入を分配することができる。寄付と、寄付金の受け取りには、Stripe[1]またはPayPal[2]が必要である。

日本での利用

Librapayのウェブサイトの日本語訳は、実用上は問題のない程度まで進んでいるものの、「このページの日本語訳はまだ完成していません。」というメッセージが常に表示されている状態である。

ユーザープロフィールページの説明文は、日本語を含む複数の言語のものを登録することができる。

日本円を含む複数の通貨に対応している。

マストドンとの関係

マストドン公式チーム[3]のアカウントが置かれており、寄付を受け付けている。収入は1週間あたり41.25ユーロ[4]である。

OAuthによる連携操作によって、ユーザープロフィールページに、他のウェブサイトのアカウントを掲示することができる。これにはマストドンも含まれている。なお、Pleromaのアカウントも、マストドンのアカウントとして掲示することができる[5]

脚注

  1. https://stripe.com
  2. https://www.paypal.com
  3. https://liberapay.com/Mastodon
  4. 2019年6月時点。
  5. 記事執筆者による独自調査。