「Librem Social」の版間の差分

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
(ページの作成:「{{Infobox software | Name = {{Ruby|Librem Social|ライブレム ソーシャル}} | Image = ファイル:LibremSocial.png|120px|Librem Soc…」)
 
3行目: 3行目:
 
| Image              = [[ファイル:LibremSocial.png|120px|Librem Social]]
 
| Image              = [[ファイル:LibremSocial.png|120px|Librem Social]]
 
| Developer          = [[Purism|Purism SPC]]
 
| Developer          = [[Purism|Purism SPC]]
| SourceCode          = [https://source.puri.sm/thomas.markiewicz/librem-social-android GitLub]
+
| SourceCode          = [https://source.puri.sm/thomas.markiewicz/librem-social-android GitLub(Android版)]、iOS版は不明
 
| Platform            = iOS、Android
 
| Platform            = iOS、Android
 
| ProgrammingLanguage = Objective-C、Java、Kotlin
 
| ProgrammingLanguage = Objective-C、Java、Kotlin

2019年4月15日 (月) 01:57時点における版

Librem Social(ライブレム ソーシャル)
Librem Social
開発者 Purism SPC
ソースコード GitLub(Android版)、iOS版は不明
プラットホーム iOS、Android
プログラミング言語 Objective-C、Java、Kotlin
サービス開始日 2019年3月14日
ライセンス GNU General Public License(Android版)、iOS版は不明
ダウンロード PlayStore
AppStore


Librem Socialとは、Purismによって提供された、Mastodonをはじめとする分散SNSに対応したクライアント。

概要

アメリカのコンピュータハードウェア等の開発を手がけ、一時期Mastodonのプラチナスポンサーとなった事もあるPurism SPCによって、AppStoreとPlayStoreで2019年3月14日より提供が開始された。

iOS版はAmaroq、Android版はTuskyのソースコードを流用しているが、そのことがソフトウェア上で明記されていなかったり、iOS版に至ってはソースコードの公開がされていないことなどに、一部ユーザーから批判が上がっている。

関連項目