Misskey

提供: マストドン日本語ウィキ
2018年6月29日 (金) 07:20時点におけるAqz (トーク | 投稿記録)による版 (リアクション)
移動先: 案内検索
Misskey(ミスキー)
Misskey title.png
開発者 syuilo
ソースコード GitHub
プラットホーム Linux (サーバーサイド)
Web (クライアントサイド)
プログラミング言語 TypeScript, Vue
サービス開始日 2014年7月[1][2]
ライセンス AGPL 3.0
Webサイト https://misskey.xyz
https://himasaku.net/(一時)


Misskey(ミスキー)は、オープンソースのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の一つである。

概要

2014年6月よりsyuilo氏により開発されている、「Twitterライク」を謳うオープンソースのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。

Markdownにより投稿を装飾する機能や、複数のリアクションから選べるリアクション機能、10までの選択肢を登録できる投票機能、ファイルをアップロードできる「ドライブ」機能、ユーザー同士でオセロの対戦ができる機能などが特徴。

当初はインスタンス同士での相互通信が不可能であったが、2018年4月8日よりActivityPubを実装したため分散SNSとなり、MisskeyをはじめMastodonPleromaなどの分散SNSのインスタンスと相互通信が可能となった[3]

2018年4月10日〜11日にかけて公式インスタンスであるMisskey.xyzがCDNの不具合により一時的にドメインをhimasaku.netに変更する事態が発生した。

主な機能

リアクション

ユーザーの投稿に「😆」「🤔」「👍」などの「リアクション」を付けることができる。

Misskeyインスタンス同士でならリアクション情報が伝達されるが、それ以外の場合(MisskeyとMastodon間など)は、全てのリアクションは「いいね(お気に入り)」として扱われ、逆に外部インスタンスからの「いいね」は全て「🍮」として扱われる。

自分の投稿にリアクションすることはできない。

デッキ

Deck

Mastodon風のカラムUI。カラムは自由に追加/削除/並べ替えができ、複数のカラムを上下に水平分割して表示することも可能。

後述のウィジェットをカラムに配置することもできる。

現時点で利用可能なカラムは、ホームタイムラインカラム、ローカルタイムラインカラム、グローバルタイムラインカラム、通知カラム、ウィジェットカラム。

モバイル版には非対応。

ウィジェット

通知、アクティビティ、カレンダー、トレンドなどをウィジェットとして利用できる。 これらのウィジェットは自由にホーム、デッキに配置してカスタマイズすることができる。モバイル版でもウィジェットは利用可能だが、一部モバイル版に対応していないウィジェットもある。

特定の場所でのみ有効なウィジェットもあり、「タイムマシン」ウィジェットはホームに設置されている場合のみタイムラインを指定した日付に遡らせる。

ドライブ

ユーザーの投稿したファイルを管理する機能。 投稿に添付したりアカウントのアイコンに設定するなどしたファイルは自動でドライブに追加される。直接ファイルをドライブにアップロードすることも可能。

基本的に同じファイルは二重にアップロードできず、自動で既存のファイルが再利用される。

アンケート

投稿にアンケートを添付することができる。選択肢を2〜10個設定し、ユーザーがどれか1つに投票する。 アンケートの期限はない。

他のインスタンスに対しては、アンケートへのリンクに変換されて表現される。

リバーシ

Misskeyユーザー同士でリバーシで遊ぶことができる。現時点では別のインスタンスのユーザーとの対局は不可。 変則ルールや、カスタムマップに対応している。 他のユーザーの対局を観戦したり、過去の対局をリプレイすることもできる。

AI開発のためのAPIが用意されており[4]、実際にいくつかのBotが存在した。

Cat

ジョーク機能。この設定を有効にすると、自分の全ての投稿の本文に存在する「な」又は「ナ」が「にゃ」「ニャ」に変換される。 設定を有効にしている間はユーザー名の横に「cat」バッジが付く。

この変換は外部インスタンスに対しても適用される(ただしこの場合は過去の投稿に遡って適用されることはない)。 設定を無効に戻すと投稿も元に戻る(上記と同様に外部インスタンスに伝わった投稿は戻らない)。

MFM

MFM(Misskey Flavored Markdown)と呼ばれるMarkdown風の構文を投稿やプロフィールに使うことができ、テキストの一部を太字にしたりすることができる。

ライセンス

2018年3月28日[5]に、MITライセンスからAGPLに変更された。

主なインスタンス

  • misskey.xyz - syuilo氏による公式インスタンス。

インスタンス一覧

Fediverse Networkは2018年5月6日[6]よりMisskeyインスタンス一覧を運用している。

外部リンク

公式
非公式

出典