フォローレコメンデーション (マストドンの機能)

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
フォローレコメンデーション
Mastodon
実装バージョン 2.4.3
APIエンドポイント GET /api/v1/suggestions
利用可能なインスタンス 全てのインスタンス
リンク 実装されたリリース


フォローレコメンデーションは、2018年7月3日にマストドン公式リポジトリにマージされ、バージョン2.4.3[1]で利用可能になった。ただし、バージョン2.4.3で提供されたのはAPIのみであり、UIは実装されていない。Subway Tooterはバージョン2.6.2[2]TheDeskはMio (15.8.0) で[3]、この機能のUIを先行して実装している。フォローレコメンデーションチェッカーを使用すればWeb上でログインして閲覧できる。

マストドン公式リポジトリの2018年10月23日[4]以降のコード、および、バージョン2.6.0以降のリリースでは、ウェブUIをスマートフォンのブラウザで見た場合に、フォローレコメンデーションが表示されるようになった。これは、検索画面を開いてから、検索が完了するまでの間に表示される。

フォローレコメンデーションのアルゴリズムは、potential friendshipと呼ばれるカウンターを利用する。あるユーザーが別のユーザーにエンゲージすると、potential friendshipが増加する。ここでエンゲージとは、リプライお気に入りブーストである。そして、potential friendshipが多い順にレコメンドされる。

フォローレコメンデーションのAPIのエンドポイントは /api/v1/suggestions である。

関連する機能[編集 | ソースを編集]

日本語圏のマストドンで「おすすめユーザー」と言うと、この機能を指すのかプロフィールで紹介するを指すのか曖昧である。

他の分散SNSとの関係[編集 | ソースを編集]

Pleromaは /api/v1/suggestions を実装している[5]。デフォルトでは空の配列を返すが、設定により、サードパーティーのレコメンデーションエンジンを使用できる。サードパーティーのレコメンデーションエンジンは、マストドンユーザーマッチングのほか、同じウェブサイトの新着順リストを用いる方法[6]がアナウンスされている。

批判[編集 | ソースを編集]

この機能を実装したプルリクエスト[7]には、多くの批判的なコメントが書き込まれた。これを受けて、Eugen Rochkoは、この機能の実装をAPIのみにとどめ、UIの実装を遅らせる対応を取った。記事執筆時点では、スマートフォン用のウェブUIに限りUIが実装されているが、PC用のウェブUIが速やかに実装されるかどうかは予断を許さない状況である。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]