分散SNS

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
分散SNS(ぶんさんえすえぬえす)
分散SNS(ぶんさんえすえぬえす)
品詞 名詞
初出 不明


分散SNS(英:Distributed social network)とは、異なるソーシャル・ネットワークに分権化・分散化されたソーシャル・ネットワーキング・サービスである。

複数のソーシャルウェブサイト(サーバー)で「連合」が構成されているのが特徴で、ユーザーはそのいずれかのウェブサイトからいずれかのウェブサイトのユーザーと通信することができる。

概要[編集]

ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャルネットワーク)を構築可能にするサービスのことである。

代表例としてmixiやTwitterFacebookなどといったサービスが挙げられるが、その多くはサーバーや運営元が一元化、中央集権となっている。

そうしたサービスの運​営を一元でなく、分権化させたものが分散SNSである。

分散SNSが広まったのは中央集権型のmixiやGREE、Facebookが登場した2004年以降であるが、それ以前にも分散掲示板という形で「Winny 2」や「新月」「RinGOch」などPeer to Peerを利用したソフトウェアは数多く開発されていた。

現在多くの分散SNSにおいて主流なのは、多くのソフトウェアに組み込むことのでき、共通の規格で通信を可能にするオープンなプロトコルを利用したものである。

この流れは2007年、OpenMicroBlogging(後のOstatus)がLaconica(後のGNU social)により実装されたのが始まりであり、以降diaspora*Mastodonなど非常に多くの分散SNSが登場している。

分散SNSの一覧[編集]

名前 リリース年 プロトコル 備考
GNUsocial 2007年 Ostatus Ostatusを開発したプロジェクト。
Friendica 2010年 Ostatus
diaspora* 2010年 Diaspora、Salmon Facebookライクな分散SNS。2014年3月時点で100万アカウントを越している。
Mastodon 2016年 ActivityPub、Ostatus 2017年12月に100万アカウントを超した。
Pleroma 2017年 ActivityPub 非常に軽量。
Winny 2 2003年 P2P P2Pを利用した分散型BBSを実装したP2Pファイル共有ソフト。
新月 2003年 P2P 2018年3月現在でも開発が継続している。
RinGOch 不明 P2P

関連項目[編集]

外部リンク[編集]