GNU social

提供: マストドン日本語ウィキ
移動先: 案内検索
この記事はまだ書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?
GNU social(グヌー ソーシャル)
GNU social
開発者 Evan Prodromou
ソースコード https://git.gnu.io/gnu/gnu-social.git
プラットホーム Linux (サーバーサイド)
ウェブ (クライアントサイド)
iOS、Android、ウェブなど (サードパーティーのクライアント)
プログラミング言語 PHP
ライセンス Affero General Public License
Webサイト https://gnu.io/social/


GNU social(グヌーソーシャル、旧称:StatusNetLaconicaという時期もあった[1])は、PHPで書かれたミニブログサーバーのフリーオープンソフトウェアである[2]。分散型ミニブログのオープン基準であるOStatusに準拠しており、GNU socialサーバー間に限らず、後発のマストドンなどのOStatusに準拠したサーバー間の相互運用が可能である。また、2018年にはOStatusの後継プロトコルであるActivityPubに対応しており、PeerTubePleromaMisskeyなどのActivityPubに準拠したサーバー間の通信も可能となっている。 機能としてはTwitterに似ているが、GNU socialはミニブログの連合を形成し、オープンで分散したコミュニケーションを目指している点で異なる。

主要なインスタンス[編集 | ソースを編集]

インスタンス一覧[編集 | ソースを編集]

Fediverse NetworkはGNU socialのインスタンス一覧を提供している。

出典[編集 | ソースを編集]

  1. Laconica is now StatusNet [1], retrieved 2009-10-04
  2. GNU socialより引用

関連項目[編集 | ソースを編集]